忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


プロフィールの画像用に描いたサクラです。

オリキャラは描くたびに愛着が増します。
細部のデザインは毎回ちがってますけどキニシナーイ。
PR
 
正式には「HMX-12 マルチ」
(「HM」は「Home Maid」の略。「X」は試作機であることを表すコード)。
「萌えるアンドロイド」と言えば思い出すのが、このマルチです。

当時、周囲の友人たちのあいだでは『ときメモ』が流行ってたんですが、
絵柄にイマイチ魅力を感じられず、ギャルゲーに興味はあったけど手を出しそびれてました。
そして、ゲーム屋でパッケージだけみて買ったのが『To Heart』(PS版)でした。

絵もシナリオもすごく良かったという記憶があって、ミニゲームもかなりやり込んだと思うんですが、
ぶっちゃけ、マルチしか覚えてませんw

マルチは、家庭用メイドロボの試作機で、
短期間(たしか1週間とか)だけ主人公の通う学校に配置されます。

同時期に、セリオというべつの試作機も同じ学校に配置されていて、
マルチは、ほぼ人間と同じような感情をもつタイプ、
セリオは、機能重視の高性能なロボットとして設計されており、
2体を競合させ、あとでそのデータを分析し、
人間にとってより有益なほうを商品化しようという意図で配置されたのでした。

ところが、マルチはドジばかりで、周囲の生徒たちにバカにされ、
使いっ走りをさせられたり、掃除当番を押しつけられたりします。

マルチ自身も、「商品化されるのは、たぶん、セリオさんのほうだと思います」と言い、
それでも、「みなさんのお役に立ちたい」と、健気にがんばります。

そんなマルチを見かねて、掃除を手伝ったり、何かと気にかける主人公。
でもすぐに、別れの時がやってきます。
そしてそれは、マルチがこの世から消えてしまう時でもありました。

こうして、あらすじを書いてるだけでも、ちょっとうるうるきちゃいます。
いまでもPSPなどでプレイできるようなので、いずれもう一度やってみたいです。
ブログ内検索
プロフィール
■サークル名
ぱらだいむシフト
■代表者
小國由喜(オクニヨシノブ)
■ツイッター
小國由喜(okuniyoshinobu)はTwitterを利用しています。
■連絡先
moeroid◎gmail.com
※◎を@に変えてください。
最新記事
(08/16)
(08/14)
(08/05)
(06/06)
(01/07)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
バーコード
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]